この食材は堅いけれど

焼いたら柔らかくなるものもあれば、余計に堅くなるものもあります。

昔は、本物のフランスパンはしばらくしたら、堅くなるけれど、焼いたらやわらかくなる、でも、本当に良いフランスパンではなかったら、焼いたら

余計に堅くなる、と家族はいっていましたが、それなら私は良いフランスパンを食べる機会がないのか、焼いたら堅くなる物ばかりです。

一人で過ごすことも多くなったこの頃、冷蔵庫の中の物を少々食べ忘れも含めて粗末にしてしまう傾向にあり、税金も上がったと言うのに、

節約すべきが何をやっているのかと思ったら、反省の毎日です。

ピザとまではいかないまでも、チーズがあるとピザトーストを手軽に作って食べられると重い、溶けるチーズを買っておいておいたことを

思い出します。そう言えば、何日も前から、冷蔵庫の壁面に何か貼りついていると思っていたのです。

この溶けるチーズでした。ところが、保存が悪すぎて、カチカチになっています。

でも、とけるチーズなのだから火を通せばとろけて焼けるだろうと、勝手に思い込み、信じて焼いてみます。

噛んでみます。最悪です。歯が立ちません。堅くなったチーズは焼いたら、もっと堅くなって、食べられないことがわかりました。

チーズにもよるのでしょうが、食材は、おいしいうちにいただくこと、これは肝の銘じます。

前の記事